< プロフィール | やまがえるの森・アウトドアの楽しみ

プロフィール

スポンサーリンク
スポンサーリンク

私は、定年後、再雇用もやめた60代の男性です。長く、「自然」とふれあうことに興味を持っていました。
 このブログでは、アウトドアでの活動(登山、キャンプ、サイクリング)やソーラー発電や車中泊などの節約生活を紹介していきます。

自然に関する疑問を解決しよう。自然と人とのかかわりを知ろう

このブログは、身近な「いきもの」など「自然」に興味を持った人のためのブログです。
・家の周りの自然や生物に興味を持ったことについて、もっと調べてみたい。
・生き物と自分たちの生活とどうかかわっているか知りたい。
・近所を散歩していた時、身近な「自然」にふと 疑問に思ったことを解決したい。
など、いっしょに考えていきましょう。

こころ豊かで楽しい人生にしよう

身近な自然について疑問の解決をしていくことを繰り返すことにより次のことが期待されます。
・自分と自然の関りを考えることによって、自然の偉大さを感じ、さらに自然が好きになる。
・美しいものに感動する、豊かな心を持てるようになります。
・都会に住んでいる人も自然にあこがれる人は多いとも思います。アマゾンやアラスカに行かなくても、住宅街に住んでいるが、ちょっと歩けば、裏山の「自然」、大都市に住んでいるが、近所の公園や川にも「自然」はあります。身近な自然を通してさらに自然が好きになります。
・ふだんは見過ごされているような自然を問題を発見し、関心を持つことで、「自然」と自分の生活の関りを考えることができる。
・人生が楽しくなる。

 また、私が、楽しんでいるアウトドアでの活動(登山、キャンプ、サイクリング)やソーラー発電や車中泊などの節約生活を紹介します。「人生は楽しいものだ」ということをみなさんに伝えていきます。 

経験を生かす

 大学時代に、潜水士と当時の4級船舶免許を取得し、若いころは、瀬戸内海を船で魚釣りやダイビングを楽しんでいました。

 大学卒業後、長年、理科の教員として、自然科学や自然の素晴らしいについて子どもたちに語ってきました。今は、定年退職しましたので、このブログをとおして、私のこれまでの経験を生かして、みなさんに、自然のすばらしさを伝えていきます。 

私のストーリー

 大学時代に魚類の生態について研究しました。その研究も兼ねて、大学4年生の時、鹿児島県の屋久島めざして、自転車(ロードバイク)で旅行をしました。その時、屋久島の隣の口永良部島という島へ2週間ほど立ちよりました。その時、ちょうど1月1日の元旦に島の家族といっしょに活火山(2015年の噴火で全島避難)へ登山しました。当時も、前年に大噴火があり、危険な火山でした。「まさか、元旦に噴火することはないだろう」という島の人の変な理論に納得し、島の人に案内され、登っていきました。山頂には巨大な火口や古い火口、過去にカルデラ湖であったと思われる火口などや大きな割れ目(煙がでていました)などがあり、まったくの自然を感じるところでした。また、海にも潜り(シュノーケリング)生物の観察や魚釣り、自然のめぐみの温泉、浸食された絶壁の海岸線に出会うなど大自然を前にしてこころ震える感動の体験をしました。(島から帰る時、この島を船から見たときひとり涙を出ました)この、自然の偉大さ、畏敬の念に体が震えた経験が理科教員としての根底にありました。それから、理科が好きな人が少しでも増えてくればと思いながら自然のすばらしさを伝える話をしていました。
 また、私は教員時代、自分が趣味で登山・ソロキャンプ:サイクリングを楽しんでいることを子どもたちによく話していました。(もちろん「勉強」の楽しさも伝えていました。)大人が楽しく生活している姿を意識的に見せることによって「人生は楽しい」ということを感じてほしいからです。
 登山は、中国地方や四国の山々に登ってきました。また、しまなみ海道を中心にサイクリングをしています。
 今後は、車中泊で全国を回り、登山やソロキャンプやサイクリングの活動の場を広げていこうと思っています。
 

みなさんへ

 アウトドアで自然を観察し、いろいろな疑問や問題を見つけましょう。それが第一歩です。そして自然に興味・関心を持つことで、「自然」と自分の生活の関りを考えていきましょう。
 YouTube Instagram Twitter にもリンクしていますのでそちらも参考にしてください。

活動記録

2023年(YouTubeあり)

1年を通して、体調がよく、晴れる日を選びながら計画を立てました。長野県への遠征は、3回です。初めて、念願の尾瀬にも行けました

1/11 比婆山雪山トレッキング
県民の森から立烏帽子駐車場・池の段。御陵の手前をスキー場横へ下りた。踏み跡のないところも多く、池の段の原っぱ、稜線やブナ林の中、最高のトレッキング。こんなすばらしいのに人はスキー客だけ。山中は人がいない。(一人だけいた)道路は積雪なし。スキー場内の道路は雪あり。
2/22 三瓶山雪山トレッキング

東の原~大平山~室の内~稜線を通って大平山へ戻る。前日、10cmの積雪。道路は雪なし。駐車場から雪があった。室の内付近は雪がまだ多く楽しめた。室の内の氷はほぼ解けていた。山中は、踏み跡はなし。後から、1名。
2/28 恐羅漢山雪山トレッキング

スキー場から夏焼峠手前をショートカットで頂上まで。夏山と違って、雪があるため、ブナ林の藪のなかまで入れるので驚くほど稜線が広い。スキー場からの分岐からスキー(スノボー)客が数グループ頂上まで来ていた。スキー客以外は、4~5人ほどに出会った。道路は雪なし。登山口は、雪は30cm。山は1mぐらいか。
3/28 しまなみ海道サイクリング 千光寺公園~瀬戸田

千光寺~瀬戸田ピストン。千光寺公園の駐車場へすぐに満車。桜は満開。
4/2 しまなみ海道サイクリング 開山の桜

瀬戸田~伯方島の開山をピストン。開山のソメイヨシノとコバノミツバツツジは、満開。この二つの花がちょうど満開になる貴重な場所だ。我が町は、コバノミツバツツジの満開は少し遅い。休日のため、多くの人とサイクリスト。
4/10 宮島観光 杓子ストラップの買い物

しゃもじのストラップの購入目的で行く。紅葉谷で弁当。外人向けのYouTube動画を作った。
4/20 冠山・寂地山 カタクリの花を求めて

松ノ木峠からいつものコース。駐車場が整備されつつあった。前回と同じ場所に、白い花のカタクリが咲いていた。
5/1 しまなみ海道サイクリング 今治城

サンライズ糸山をベースに来島海峡大橋と今治城へ。今治城の石垣はそのまま現存。
5/2 西赤石山 アケボノツツジの花を求めて

日浦登山口から。アケボノツツジは、今年は外れ年だったらしい。頂上付近は、あと3から4日でピークだったらしい。例年ならゴールデンウェーク過ぎがピークらしい。
5/11 道後山 ダイセンキスミレの花を求めて

月見ヶ丘駐車場から。登山道の最初付近から咲いている。岩樋山頂上は、よく咲いていた。
5/27 恐羅漢山 サラサドウランの花を求めて

旧羅漢山から水越峠側へ少し下りたところがみごとだった。
6/4 十方山 ブナ林とサラサドウラン

二軒小屋駐車場から。獅子ヶ谷登山口から登り水越峠側へ下る。丸子頭までの稜線のブナ林はみごと。サラサドウランの花も三ツ倉あたりでたくさん咲いていた。
6/16~17 くじゅう連山・大船山・平治山のミヤマキリシマ

吉部登山口から平治山・大船山・坊ガツルにテント泊。念願のミヤマキリシマの花。平治山は、害虫にやられ花が少なかった。北大船山周辺の段原のミヤマキリシマはすばらしかった。サラサドウランの花も広い範囲で咲いていた。オオヤマレンゲの花も見た。
6/17 国東半島サイクリング

道の駅くにさきからくにさきサイクリングルートをサイクリング。
7/17~18 北アルプス白馬岳・白馬雪渓

白馬岳の花の時期をねらって、梅雨の晴れ間を待って狙って登山。朝日と夕陽が1週間ぶりに見えたらしい。登山沿いの花は、日本有数。雪渓は、暖冬で雪が少なかったので、少し短い。大山の雪山より傾斜がなかった。初めての山小屋泊(白馬山荘)
7/19 諏訪湖一周サイクリング・諏訪大社

諏訪湖一周16kmと諏訪大社の4社まいり。下社の2社をサイクリング。早朝の諏訪湖(標高759m)は、涼しかった。
7/31~8/1 八ヶ岳・赤岳~硫黄岳

花を求めて、八ヶ岳へ。美濃戸口登山口から行者小屋・赤岳・横岳・硫黄岳・赤岳山荘。硫黄岳山荘で1泊。横岳の花の種類の多さにびっくり。
8/2 尾瀬ヶ原・至仏山

念願の尾瀬へ。蛇紋岩での花を求めて、至仏山へ。戸倉(鳩待峠行きバス連絡所)から日帰り。至仏山固有種を見る。
8/3 尾瀬沼ハイキング

大清水から大江湿原へ。ピストン。ニッコウキスゲの花の時期は終わっていた。
8/4 美ヶ原ハイキング

夏の早朝をハイキング。王ヶ頭ホテルのたくさんのツアー客と一緒に王ヶ鼻から見る景色は絶景。
8/4 松本城 
(猛暑のためサイクリング中止・動画なし)
昼の猛暑のため、サイクリングをやめて、松本城だけ見学。天守は、混雑。
9/15 南アルプス・仙丈ヶ岳

北沢峠にテント泊し小仙丈ヶ岳経由で登山。3000m越え。2つカール。絶景。
9/16 南アルプス・甲斐駒ヶ岳

北沢峠にテント泊3日目。頂上付近は花崗岩の山。摩利支天も花崗岩の山。頂上付近は明るい異様な雰囲気。
9/17 彦根城下町サイクリング

現存天守の街をサイクリング。広い城下町も一緒に残っている。
10/17 しまなみ海道サイクリング・大久野島(うさぎ島)

大三島からフェリーで大久野島へ。若いころは、平和学習を兼ねて引率など5~6回行ったことがある。当時多かった、真っ白のウサギは、もういない。ウサギは休暇村近くだけ生息していたが、今は島全体で野生化している。平日なので、外国人の観光客が多かった。
10/18 笹ヶ峰の紅葉

紅葉がちょうど最盛期。四国のササ原も、鮮やかな緑ですばらしい。寒風山経由の周回ルート。
10/30 くじゅう連山・三俣山の紅葉

4回目の坊ガツルのテント泊。夕方に吉部登山口から坊ガツルへ。テント泊2日目に三俣山へ。5峰を回る。大鍋・小鍋の紅葉は少しピークを過ぎていたがけっこうきれいだった。三俣山頂上付近がこんなに変化に富んでいるとは知らなかった。くじゅうは、面白い。
10/31 くじゅう連山・大船山

テント泊3日目。大船山へ。御池の紅葉はかなり終わっていた。昨年は雨だった。
11/1 祖母山の紅葉・高千穂峡

北谷登山口から周回ルート。洞穴ルートの途中の登山道は紅葉のピーク。朝日を浴びて絶景だった。頂上近くには、りっぱなブナ林。下山後に車で1時間の高千穂峡観光。ここも、外国人だらけ。
11/2 阿蘇・根子岳の紅葉

根子岳の登山ルートが通行止めになっていて登山をあきらめていたが。1カ所だけ登れることを知り、急遽予定変更。東峰へ。しかし、紅葉のピークが終わっていた。例年より早いらしい。標高が低いのになぜかここは早い。
11/2 南阿蘇サイクリング

道の駅「あそ望の郷くぎの」から南阿蘇の水源をめぐるサイクリング。北阿蘇は、ほぼ平坦部分が多かったが、南阿蘇は、川の浸食があり、少し上りと下りがある。
11/3 平尾台カルスト
(動画なし)
平尾台カルストと牡鹿鍾乳洞を見学。休日のため、駐車場は満車のところもあった。平尾台テラスで昼食。にぎわっていた。

2024年おもな目標箇所

いろいろ課題、条件をクリアして次の3つをめざす

6,7月 北海道  トムラウシ山 夕張岳 アポイ岳 大雪山 十勝岳 雌阿寒岳 利尻山     洞爺湖サイクリング サロマ湖サイクリング 富良野サイクリング 利尻島サイクリング 礼文島サイクリング
8月 雲ノ平 テント泊で
10月 屋久島 宮之浦岳&サイクリング

スポンサーリンク
スポンサーリンク
やまがえるのTwitterを見る
やまがえるのSNSを見る
やまがえるの森・アウトドアの楽しみ