< やまがえるの森・アウトドアの楽しみ | ページ 9 | 自然を楽しむ生き方
自然観察

春の里山のツツジは2回咲く|地域限定の希少種ヒメヤマツツジ【観察方法】

 以前の私のブログで、庭一面に咲く、自生したツツジであるコバノミツバツツジの紹介をした。その花も終わり、約1ヶ月がたったが、その場所にまた同じようなツツジの花(前回は薄紫色でしたが今回はピンク色に近い)が咲いた。もう一度、春を楽しませてくれ...
自然観察

自生のツツジで庭を作る方法|コバノミツバツツジのガーデン 

 我が家の庭は、春になるとツツジの仲間であるコバノミツバツツジの薄紫色の花でいっぱいになる。この時期だけ、庭が色鮮やかにいろどられる。庭で食事しながら花見は楽しいものである。この庭は、プロの人に作ってもらったものではない。この庭をどのように...
自然観察

【ふしぎ発見】日本一小さい赤とんぼ(1円玉サイズ)【なるほど解決】

 私の家のすぐ近くの休耕田(湿原)には、小さなトンボが生息しています。毎年、夏になると観察できます。 日本一小さなトンボ(体長2cm)の ハッチョウトンボです。この大きさでもおとなのトンボです。これ以上大きくはなりません。ハッチョウトンボの...
自然観察

【ふしぎ発見】真冬にカエルの鳴き声|早い産卵

冬に散歩で歩いていると、たんぼの近くで、「フュルルーフュルル―」と何かが鳴いている。きれいな鳴き声だ。しかも1匹でなく、たくさん鳴いている。卵がいっぱい。カエルも発見。 もう冬眠から出てきたの?調べてみました
自然観察

【ふしぎ発見】水路に大量の貝(シジミ)の死骸【外来生物】

 近所を歩いていたら、水田の横のコンクリートの水路の水底にたくさんの貝の死骸を見つけました。さらに底の土を掘ってみるとたくさんの貝がいました。 実は、タイワンシジミという外来生物が大繁殖中です。すごい密度で生活しています。その死んだ貝殻も大...