< 家に侵入する小さなアリを退治【ホウ酸】 | やまがえるの森・アウトドアの楽しみ

家に侵入する小さなアリを退治【ホウ酸】

自然観察

 夏になると、毎年、我が家に小さなアリが侵入し、食べ物に集まったり、体に登ってきたり、時には刺されたりする。いやな虫の代表格です。困っていたところ、偶然、ネットで、ホウ酸(ゴキブリ退治で有名)を使った退治方法があることを知り、まねてみました。その取り組んできたことを報告します。

広告
広告

体長1.5~2mmの黒いアリ クロヒメアリ?

 まず、家に中に出現するアリの種類を調べてみた。我が家の部屋の仲間まで侵入してくアリは、1種類である。畑の野菜などにつく小さなアリよりもさらに小さいアリである。体長は、1.5~2mmぐらいである。しかも、このアリは、家の外のまわりでは、たくさん見ることができる。他のアリはあまりいない。この小アリは家とその周りで独占している

ネットで調べたら、家に侵入するアリは種類が限られていて
ヒメアリ(金色の体と大きな黒いお腹が特徴)
イエヒメアリ(全体的に金色の体)
ルリアリ(黒色の体、腹柄が1つ)
 が有名なようです。しかし、これらと違うようだ。
アルゼンチンアリヒアリは、もう少し大きいのでこれらとも違う。

アリの腹柄節(胸部と腹部の間にある「こぶ」)の数(1つの場合と2つの場合)が種類の違いを見分けるポイントになっている。部屋の小アリをカメラで撮って、見てみると腹柄節が2節ある。

結局、大きさ、色、腹柄節の数でクロヒメアリと自分で勝手に、断定した。家の電気製品の中にも巣を作るらしい。

毒エサ(とろとろホウ酸砂糖水) 「口溶けトロリ」がコツ

 今までの対応は、見つけたら殺虫剤で殺し、侵入場所と思われるところを殺虫剤で塗り固めた。しかし。次の日は、別の場所から侵入してくる。アルミサッシの窓を閉めておいても侵入してきます。小さな隙間(木造の家)から侵入してきます。

 毒エサづくりとして、ブログ「サステイナブルに暮らしたい」の中の「効果抜群! 殺虫剤を使わずに手軽に蟻退治」をまねさせてもらいました。

 毒エサとして、ホウ酸を使います。そして、アリを集めるためにグラニュー糖。ちょうどホウ酸4gを小分けしたものが家にあったので使う。ホウ酸は、ゴキブリ駆除としてよく使っている。小さな容器に入れグラニュー糖と水を少々入れて混ぜて、熱して溶かした。溶けたところで、厚紙の上に垂らして毒エサの準備完了。これを庭のアリの列をなしているところへ置いた。置いたときは、どろどろの液体の状態。ゆっくり冷めていき、固まっていく。液体の状態でたくさんのこのアリが集まって、液体を吸っている。

 参考したブログによれば、「口溶けトロリ」の状態が、小さいアリが近づくこつだそうです。
 その通りにやってみました。みごとに、アリが集まってきます。

ホウ酸    3g
グラニュー糖 4g +水を加え熱してトロトロ状態に

トロトロ状態の毒エサは、すぐに固まっていきます

小アリとの戦い

①まず最初にやったのが、家の外にこの小アリ(クロヒメアリ?)が毎日、行列しているところに置きました。すると間もなく、大量に集まり、じっくりと時間をかけ、液を吸っている。(写真)これで、巣のアリは全滅するのかな?

次の日、行列の小アリの数は、かなり少なくなる。しかし、全滅していません。

わずかの小アリが生き残って、ちらほら歩き回っていました。さらに、乾ききった毒エサにはもう、近づいてきません。これだけ、アリが減ったので

家の中には、小アリが入ってこないと思っていたら以前と同じように小アリが侵入してきます。(失敗か?)

もう一度、新しい毒エサを同じように作り、家の外に置くと、少しアリが集まってきます。学習効果があるのか、よりつかない小アリもいます。警戒しています。でも少しのアリは騙されて集まっています。数日の内に、少しづつ、外のアリの数は減っていきました。ちなみに、我が家の周りのアリは、この小アリ(クロヒメアリ?)が独占しています。他のアリは、ほぼいません。

しかし、家の中に侵入する小アリは、減っていきません。もしかして、別の巣穴があるのだろうか

②次に、いつも小アリが出現する家の中の居間にこの毒エサを仕掛けました。(居間は、最初の毒エサを置いた家の外のところと隣接)すると、30匹ぐらいのアリが集まり、液を吸っていきます。(居間にこんなにたくさんありがいることにもびっくり)次の日にも、何匹か集まっています。3~4日ほどアリが毒エサに集まっていましたが、

ついに、居間には、アリが出現しなくなりました。(とりあえず成功)

しかし、今度は、台所(居間と台所は20mぐらい離れています)に出現しました。(別のコロニー?)

以前から台所にも、この小アリが時々出現していました。(その都度、殺虫剤で退治していました。)そして、

台所にも、同じ毒エサを仕掛けました。今度は、100匹ぐらいのアリが集まってきました。数はだんだんと減ってきましたが4~5日過ぎると(たびたび、毒エサは新しいのに更新)アリは集まらなくなり、

アリは台所には出なくなりました。(とりあえず成功)

家の外の、この小アリは、まだ少し、歩いています。全滅していません。とりあえずは、家の中には、この1週間は、侵入されていません。また、出現するかもしれません。この小アリ退治は、根気強い対応が必要なようです。

まとめ

① 家に侵入する小アリ退治に、毒エサ(ホウ酸+グラニュー糖)を使った。

② 小アリは、トロトロの液状の毒エサに集まりやすい。

③ 小アリは、簡単には全滅しない。複数の巣もあるようで、毒エサを設置をいろいろな場所で繰り返す必要がある。

自然観察
広告
広告
やまがえるのTwitterを見る
やまがえるのSNSを見る
やまがえるの森・アウトドアの楽しみ
広告
広告
タイトルとURLをコピーしました